• Home
  • Link
  • Contact
  • English
  • オンライン割引チケット終了しました。
    当日券は現地受付にて承ります。

Japan Fire Festilvalについて

  • 今年からナランハ ファイアー フェスティバルはジャパン ファイアー フェスティバルに名称を変更いたしました。ファイアーパフォーマンスを愛する有志達があつまり企画・運営を行い、愛情の込もった内容の濃いフェスティバルを創っていってほしいという事でジャパン ファイアー フェスティバルになりました。株式会社ナランハは特別協賛という形で、これからも全面的にバックアップするスポンサーになります。
  • 今年のテーマは 『楽しく明るく愛のある空間を創ろう!』です。
  • このフェスティバルはファイアーをする人だけでは実現できません。ファイアーだけにこだわらずファイアーを通してさまざまな人の繋がりが生まれ、人と人との繋がりによって素晴らしい空間を創りましょう。
  • 富士山を望む広大な草原で昼間はいたる所でさまざまなジャンル(ジャンベ/ヨガ/ベリーダンス/パチカ/ジャグリング・・・・・)のワークショップが行われ、ワークショップに参加をしない方でもお楽しみいただけるよう音楽生Liveや昼間のパフォーマンス、飲食店・物販店・マッサージブース・ボディペイントブースなどをご用意いたします。夜はファイアーパフォーマンスを中心に催しものを開催し、22時以降はスピーカーを屋内に移してオールナイト、踊るも寝るもよし楽しみ方はあなた次第です。静かになった屋外では、初めてファイアーを点ける人のための講習会やワークショップを行います。
  • ★ワークショップ(教室)・・・随時

    ワークショップとは、皆が集まって、何かを教えあい、学びあう場所のこと。 このフェスティバルには、様々な技術を持ったプレーヤーが集まります。この貴重な機会にワークショップを開催します。詳しくはこちらをご覧下さい。
  • ★ザ・ファイアー・ショー ・・・日時未定

    参加されるアーティストの皆様による、音と炎のスペクタクルをお届けいたします。詳しくはこちらをご覧下さい。
  • ★ザ・ファイアー・コンテスト ・・・日時未定

    日本一のファイアー・アーティストを決めるべくコンテストを開催いたします。詳しくはこちらをご覧下さい。
  • ★1000人ポイ企画 ・・・日時未定

    火付盗賊主催による1000人ポイ企画です。日中に火の点かないポイを参加者全員で一斉に回しちゃおう! ポイであればなんでも構いません。みなさんマイポイをお持ちください。
  • この他にも、みなさんのアイデアを広く取り入れたいと思っています。また、 そういった企画・運営をお手伝いしてもらえるボランティア・スタッフの方を、大募集中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
  • 参加料金・お申し込み

    本イベントは有料のイベントです。ご参加をご希望の方は大会参加費をお支払い頂く必要がございます。当日の支払も可能ですが、事前にお申し込み頂くととってもお得な料金設定になっております。参加申し込みは6月7日より開始となります。詳しくはこちらをご覧下さい。
  • 出店・物販について

    参加される方は、出店料をお支払頂ければ、自由に物品を販売することができます。出店料金についてはただいま検討中ですので 事前に実行委員会(info@firefestival.jp)まで出店希望の旨ご連絡下さい。是非皆様のお店のグッズ、自慢のご飯・自作道具等を販売して下さい。
  • 雨天時について

    万が一大雨が降った場合でも、屋内施設がございますので、すべてのイベントは決行されます。ご安心下さい。 ただし、暴風雨や台風などの影響により運営が困難な場合は、イベント自体中止の可能性がございます。 予めご了承ください。
  • 安全と快適のために(必ずお読みください)

    私ども主催者は、ご参加頂く皆様に怪我や事故が無く、また楽しく過ごして頂けるよう、火の使用に関して細心の注意と万全の対応を行います。ご参加頂く皆様は必ず下記事項をご覧頂けますようお願い申し上げます。また、実行委員もしくはボランティア・スタッフから何か指示があった場合は、お手数ですがご協力頂けますようお願い申し上げます。
  • 1、火気使用エリアの徹底
    火気の使用は決められたエリア内でのみ可能です。エリア外での火気の使用は禁止となります。
  • 2、燃料の持ち込み禁止
    エリア内でのみ火を使用することを徹底し、安全な燃料を使用するため、燃料およびそれを入れる容器はすべて主催者側で準備します。これによりエリア内での火の使用を徹底すると同時に、危険な燃料および劣化した燃料の使用による事故を防ぎます。容器は不燃性の安定した規定の容器のみを利用し、安全を確保いたします。
    なお、普段使用している燃料を使用したい場合については、事前に実行委員会にご連絡いただければご対応させていただきますので、
    実行委員会(info@firefestival.jp)までご使用希望燃料等ご連絡下さい。
  • 3、道具チェック
    会場内での事故を事前に防ぐため、入場の際もしくは会場内にて、皆様の道具を主催者がチェックすることがあります。老朽化しているもの、ネジや金具の緩みなどを確認いたしますが、皆様もご来場の前に必ず道具の安全確認をしていただきますようよろしくお願いします。
    当日会場内にて実行委員会より注意があった道具の使用についてはご遠慮いただきますようご協力お願いいたします。
  • 4、消火設備の準備
    消火器はエリアの広さに応じて必要本数を用意します。あわせて水の入ったバケツと濡れたタオルを多数準備し、適宜配置します。 監視スタッフがこれらを常に携帯・管理し、不測の事故に備えます。
  • 5、監視スタッフの常駐
    主催者はボランティアスタッフの協力を得て交代で会場内の見回りを行い、違反行為及び危険行為をしている人がいないかをチェックします。ご協力の程よろしくお願いいたします。
  • 6、地球に優しく、人に優しく
    ・ゴミ減量化のためできるだけ、My食器、My箸持参のご協力をお願いします。
    ・喫煙される方は携帯灰皿の持参のご協力お願いいたします。
    ・危険物、法律で禁止されている物品の持ち込みはお断りします。
  • 7、会場のクリーンアップ
    ゴミは基本的に持ち帰っていただきます。お帰りの際は、テントの周りや会場内のゴミを1つでも多く拾ってください。
    フェスティバル終了後は、有志を集い会場のクリーンアップ活動を徹底的に行います。来年以降も気持ち良く利用させてもらえるよう、皆様ぜひご協力よろしくお願い申し上げます。