• Home
  • Link
  • Contact
  • English
  • オンライン割引チケット終了しました。
    当日券は現地受付にて承ります。

Live / DJ

  • パフォーマーはコチラから。
  • Out Side Stage

  • -Live-
  • ■らぞく ■nata ■LAGO ■Muff■優曇華■Buri 木歌■はち
    ■Rabi Rabi ■ティジュリチロウ ■虹尾ワタル
  • Site−A

  • -Live-
  • ■K.U.R.O.(PSYRISTOR TRAX)
  • -DJs-
  • ■REE.K(Hypnodisk) ■MASA(Hypnodisk/SPACE GATHERING/KINOCOSMO/TOKYO) ■NOISE(Heavens Door) ■DISKOMAN(Digital Block) ■@raki(J'z trance) ■SUKE(Spacekindergarden) ■DJ CAP(SUN UP) ■Cakra(天竺) ■556(breath)
    ■SHOW-HEY(breath/MFSB) ■Yochinn(Dormitory K) ■えろみち (加納家)
    ■Sho-hey(Octagon) ■tao(Liquid Note records) ■Keisuke( 天竺) ■the furythe (solid-music) ■polyphonique (solid-music)
  • Site - B

  • -DJs-
  • ■heidi(solid-music) ■ mun (solid-music)■ mamiko-san(JAP)■DJhiroshi

Site−A アーティスト

  • REE.K (Hypnodisk)

  • REE.K の世界をカテゴライズすることは難しい。秘める想いは「音に よる意識の改革」。一度聴けば忘れない独自の世界観をもつ作品群が、ジャンルを超え、ボーダレスに展開される。人はそこに一夜の夢を見るだろう。一つの物語を感じるだろう。そして、実は意識だけでなく、自分がいる空間そのものも再生されていることに驚くだろう。
    REE.K の魅力である。84 年音楽活動開始/92 年DJ活動開始/97 年「Space Gathering 」始動/98 年「Kinocosmo 」結成/01 年mixCD 「Cubism 」 リリース/02 年レーベル「Hypnodisk 」スタート/ 06 年コンセプトを補完し合う2 枚のmixCD 「alpha 」&「omega 」リリース。エレクトリック・ダン スミュージックの探求に、終わりはない。
  • MASA(Hypnodisk/SPACE GATHERING/KINOCOSMO/TOKYO)

  • 80 年代前半ノイズ/インダストリアルバンドを結成, 新宿ロフト、渋谷屋根裏など都内ライブハウスで活動を開始。
  • 90 年代初頭、T.T.T.Records や、世界各国のトランスレーベルから数々のリリースを重ね、1996 年ファーストアルバム「JustInside 」をリリース。2002 年にはREE.K とのレーベル「Hypnodisk 」を始動、2006 年春、テクノロジーと音響心理学を巧みに操作したソロアルバム「Why? 」をリリース。宇宙と共鳴するパルスコミュニケーションを軸に音による意識変容を追求中。
    http://guruguruhyena.net/masa/
  • NOISE(AghartA/HEAVENS DOOR)

  • 国内アンダーグラウンドシーンに着実な根を張り、独特の支持層に支えられる進化形の祭"HEAVENS DOOR" 。その祭において、優しくも怪しく、そして自ら夢見人を公言するオーガナイザー。 2000 年10 月、代々木公園での"SHANBARA" をきっかけに音楽活動再開。2001 年より"AGHARTA" を立ち上げるも、"HEAVENS DOOR" の活動に注力する為2002 年に"AGHARTA" を休眠。3年の時を経て、熟成した時を練り上げるべく再始動。自らの思いと衝動に忠実に、美しくも怪しく曲がり基本の展開でフロアに独特の亜空間を創り上げる。GOA & PSYCHEDELIC の夢に身を浸した先にある補陀洛への船旅は、まだ始まったばかり。

    http://www.kluv-depth.com/

  • K.U.R.O.(PSYRISTOR TRAX)

  • 94 年にドイツのレーベルSPIRIT ZONE よりデビュー。その後、TOKYO TEKNO TRIBE (.T.T.RECORDS) をMASA (Kinocosmo) などと立ち上げ、PSYCHEDELIC TRANCEシーンに影響をあたえてきた。96 年に、メジャーデビューをし、3 枚のアルバム、コンピレーションを発表し音楽業界に新しい波を起こし、 世界的にも評価されてきた。

    その活動は多岐に渡り、SPIRIT ZONE (ドイツ)、FLYINGRHINO (イギリス)、CANDYFLIP (ギリシャ) などあらゆるレーベルに楽曲を提供し各国で LIVE&DJを行なっている。 さらにtakeichiro 名義のトラックはMijk Van Dijk のMIX CD にライセンスされるなど、 PSYTRANCE に収まらずTECHNO シーンにおいても才能を発揮している。
    http://www.psyristor.com
    info at psyristor.com
    kuro at psyristor.com

  • DISKOMAN(DIGITALBLOCK)

  • @raki
  • 横浜を中心に活動するパーティー 、(DIGITALBLOCK)に 2006年新加入!! 長年、横浜でHIP HOPのDANCEイベントや、外国人が集うイベントなどでDJキャリアを積み、ディスコ時代のミラーボールのキラメキを体感しているDJ。現在は跳ねるビートを軸に、POPでありながらも深みと味わいのある、奇想天外な選曲を心がけており、今なおインスピレーションを受けるサウンドを探求し続けている。
    http://www.digitalblock.net/
  • @raki (JzTrance)

    @raki
  • 2002 年より自身によるTrance PARTY 【JzTrance 】を発足以後、特に大人が楽しめる空間とSound を提供すべく、室内、野外共に様々なPARTY をオーガナイズ。現在は、ageHa を中心に関東全域で、DJ/ オーガナイザーとしての活動を精力的に行っている。
    DJ としては、Old School なGoaTrance を機軸としつつ、Progressive、Full On Sound もこなし、幅広いオーディエンスから支持を受けている。彼のいる場所=大人が集まるという方程式が出来上がっており、Under Ground なPARTY からのオファーも多く、連日PARTY シーンを賑わわせている。
    http://jztrance.main.jp/
    http://www.myspace.com/jztrance
  • DJ-CAP(SUN-UP)

  • SUN-UP ORGANIZATION主宰 http://www.sun-up.net/
    2000年8月に茅ヶ崎で行われたBalearic sunrise Free style Beach Partyに感動し、
    SUN-UPの構想・方向性を決め、psychedelic tranceをメインとしたDJ活動を開始。
    2005年にはオーストラリアEARTH CORE主催のパーティーFREE BASEなどでもDJを行い、
    活動の場を広げている。
    情感に訴えかけるプレイスタイルは「morning psyche」と表現されるほど朝方が合い、
    『雑踏の中のオアシス』が共通のテーマ。
  • DJ SHO-HEY (OCTAGON )

  • 2001 年にDJ 活動をスタート。ハウス.テクノ・ブレイクビーツを軸にタンタンと、だが確実にフロアを盛り上げていくSHO-HEY 。壮大さに哀愁を織り交ぜた音色でフロアを魅了する。又、チルアウトやアンビエントフロアーでのメロウなDJ プレイにも定評がある。
    2006 年早々MARCUS/SONKITE との競演も果たし、シーンの中堅として今年さらなる飛躍が期待される。現在、渋谷WOMB1F 「OBI 」にて行われているサンデーアフタヌーンパーティー「OCTAGON 」、芝浦cube326 「OutOfHouse 」のオーガナイザー兼レジデントDJ であり、他多くのParty でも活躍している。
  • DJ tao (Liquid Note Records)

  • DJ taoLiquid Noteのレーベルオーナー/オーガナイザー、Takuro MiuraのDJ名義。
    2005年にLiquid Noteをスタートして以来、様々なイベントに携わってきました。
    空間を活かした演出、アーティストのブッキングは彼の独自の世界観から創り出され、
    そのあたたかく、やさしい空間は高い評価を受けています。
    DJとしても数多くのブッキングを受けており、エレクトロニカを中心としたスタイルで
    様々なパーティーに出演しています。繊細に重ね合わせる音は、やさしく、映画を見て
    いるようなストーリーを構成し、彼の世界観を正に表現していると言えるでしょう。
    現在は、代官山AIRで開催されているIN:FLAME、TOKYOFMの番組、Style Cafeが主催する
    CafeStudioのブッキング担当をするなど精力的な活動を続けています
  • the fury(solid-music)

  • forestのResident DJとして活動してきた彼は [NEW ROMANCER@ageha] [Solid]のレギュラーDJを 皮切りに現在、トラックの制作にも力を注いでいる。
    また、別名儀でDJ LIVE UNIT [ZENITH] というprojectも進行中。
    国内外のARTIST達との共演も数多く、今年は自身発のレ-ベルを立ち上げ、1stコンピレーションがリリース予定されている。
    そして、彼のPLAYスタイルはTECHNOを軸に様々な ジャンルを取り入れたGroovyかつFUNKYなサウンドで オーディエンスを魅了している。夏にはロシア、スイス、台湾などヨーロッパ各国やアジアなどでPLAYする予定も組まれている。
  • polyphonique (solid-music)

  • 学生時代にテクノに目覚め、ヴァイナルコレクターからDJへ。ハードミニマル、ビッグビート、ダブ、ディスコとジャンルを渡り、現在のトライバルを中心としたスタイルに定着。
    都内でのゲストプレイを経て自身の主催するパーティー"DISCOMODULE"を立ち上げ、2005年、"SOLID"クルーとしての新たなスタートを切る。

Out side Stage アーティスト

  • らぞく

  • 1996年結成、今年で10年目を迎える湘南・藤沢発、竜太(G.Vo.)、ぶん(B.Cho.)、兼作(Dr.Cho.)による3ピースなピースフル・バンド“らぞく”!メディアや流行にとらわれないオリジナリティ溢れるサウンドと、即興性のある変幻自在のパフォーマンス。「ハヤイノニマッタリ、マッタリナノニハヤッ!」その2極両端あわせ持つ、筆舌に尽くしがたい表情豊かなROCKバンド、それが“らぞく”!!唯一無比のグルーヴとセンスで、いわゆる「和JAMシーン」では頭一つ抜きん出ている彼らが、2006年待望の6曲入りアルバム「How Sweet」をリリース!そして同年8月にフル・アルバム「Joy Stream」を発表!PEACEで ROCK、SOFTでFREAKY。間違いなくブッ飛んでいる、ファンタスティックな最新型湘南サーフ・ジャム・ロックをお試しあれ!
  • http://www.razoku.net/
  • NATA (DIDGERIDOO/CENTER OF MUSIC)

  • NATA YIDAKI発祥の地、オーストラリア・聖地アーネムランドにて現地生活のなかで伝統的な演奏法を学び彼等からアボリジニネームを授かる。そこで学んだ自然との関わり合い方から、現代の日本人としての在り方を模索する。東京国立博物館内の水のステージにて長谷川章(D-K)との共演や能楽堂で和楽器との共演、数万人規模の野外フェスティバル、インドネシアや台湾での公演など多方面で活動。現代音楽、電子音楽、映像などジャンルを超えて様々な音楽家やアーティストと交流を持ち、自分自身の声となる響きを楽器の持つ新しい可能性と共に追求し続けている。
  • http://www.nata-web.com/
  • Lago

  • 2005年春ライブスタートした、エレクトリック・トライバル・コズミック・ジャミングプロジェクト。 ギター、ベース、ネイティブアメリカンフルート、ホーメイ、カリンバ、ジャンベ、パーカッション、ディジリドゥー、マシーンetc+エフェクト... これらを用いてそれぞれのメンバーによって奏でられる音は、偶然性の高い衝突を繰り返し、時にアーシーからスペーシーな展開へ、また時に浮遊感のあるアンビエントから轟音をともなうグルーヴィーな展開へと刻一刻と変化し、その場その状況が織り成す一期一会のストーリーとして紡がれてゆく。 カオスの中の煌びやかな瞬間を目指す旅の音楽!!!!!
  • http://www.lagolabo.com
  • 優曇華

  • 優曇華3/16 にEARTH DOM で行われたイベント『99 』にてその場のノリで組まれた謎の即興ジャムユニット。 その後もマサキオンザマイク主催『地獄ナイト』、早稲田茶箱での『SQRaTHC 』恵比寿みるくでの『TOWER OF THE SUN 』でもライブの度センセーションを巻き起こす。 その後も猛烈な勢いで進化中。
  • Buri木歌

  • Buri木歌 width=2007 年1月始動。
    VO :木歌(もっか)  ディジュリドゥ兼シンセサイザー:長添景佑
  • B:キース横山  Dr:中村慶太
    さまざまな音楽性を取り入れ、独自の世界観を披露するそのLIVEは見るものすべての心と体を揺らしてゆく。あらゆるジャンルの枠にハメコミ不可能。
    言葉では表せないその音楽は見るしかない!聞くしかない!感じるしかない!
    圧倒的な存在感の「声」という楽器を自由自在に使いこなすのが、「木歌」その人の魅力である。
    少年のようなファルセットと女の声が混ざる声質は土臭くもハイセンス一度彼女の歌を耳にしたら、二度とは戻れない世界へといざなわれる!!
  • http//moccamocca.com
  • はち

  • はち1999年横浜にて結成。 以後、東京・横浜近郊のCLUB・BAR・LIVE HOUSEから野外フェス・パーティー・祭り・ストリート・FASHION SHOWなど、幅広いシーンでライブ活動を展開するパーカッションジャムグループ。
    ジャンベを中心に、ディジュリドゥー・ガーナ太鼓・コンガ・バラフォン・カリンバ・ムビラ・インディアンフルートなど、多種多様な民族楽器をその時々で演奏し、一人一人が叩き出し絡み合う生のグルーヴは、時にナチュラルに… 時にトランシーに… 聴いている人々のエネルギーとなり暖かい空気を創り出す。
    気持ち良いリズムの波に身をゆだねよう。1st ALBUM [A ge-teco] 好評発売中!
  • http://www.hachi-8.com
  • Rabi Rabi

  • ふたつの大太鼓、ヤシの木のカリンバ、カホン、スリットドラム、シェケレ、一斗缶、湯たんぽ、山羊皮を張ったオリジナルのタブラ(通称ジャヴラー ) . . .  感覚のアンテナをはじく打楽器を選りすぐり、Mixerが生まれ出る波を変化させる。祭祀の声が響くと、原始へのノスタルジーにあふれる。即興演奏を軸に数々のフィールドレコーディング、野外イベント、海外ライブを経て「縄文トランス」「Neo-Shamanistic Groove」と呼ばれるようになる。 '01年  メンバーチェンジを経てaz3(voice,Mix,microKORG)/nana(打楽器)となる。いつでも/どこでも/誰とでも 音を楽しむチカラをストリートで養う。そこで知り合った仲間と、リサイクル目的のフリーマーケットでの売上げを資金の一部にして 音源を発表。 '06年 ドラマーPikoと共に[RaBiRaBixPiko]としての活動開始。表現の核ができあがる。数々のイベントに参加するかたわら、投げ銭システムやマイカップの持ち込みキャッシュバック制を取り入れた自主企画も積極的に開催。
  • http://www.rabirabi.com/
  • Muff

  • ロック・ファンク・トライバル・テクノ・ダブ・サイケデリックなど、ロックサウンドを軸にクロスオーバーさせた楽曲達はボーダレスなジャム遊びによってカラフルに表情を変え、多彩なグラデーションを創りあげる。 音魂の重なりから生まれる偶然の「ハマリ」は まさに「生」 。 新鮮を召し上がれ。 2002年4月、トリオ編成によるグランジバンドして 渋谷CULB ASIA にて1stライブ。各メンバーのこれまでの豊富な経験をいかし様々なフィールドで活動。 2005年8月、ドラムのメンバーチェンジをきっかけにこれまでのサウンドアプローチを420度方向転換。野外パーティーやJAMバンド、サイケデリックロック、インプロバンドシーンに影響を受けインスト化していく。2006年1月から半年間、お試し音源の無料配布を開始。 2006年4月、現在の編成となり生まれ変わったMUFF、サウンドの深みが増しフラクタルはさらに拡大し続ける。 2006年8月、3曲入りスタジオライブ音源 [PSYCHEDELIA] 発表
  • http://muff.jp/

Site - Bのアーティスト

  • heidi(solid-music)

  • 2002年よりDJ活動を本格的に開始。classic、rock、house等、様々な種類の音楽から影響を受ける。彼女のプレイには、空間を押し広げる強さと、確実さが備わっており、独自のトライバル感溢れるサウンドは女性らしくも男性らしくも有り、オーディエンスと一体となってフロア全体を湧かせている。
  • 2003年3pointturnJAPANtourへの参加、2004年solid musicのレギュラーDJとして都内を中心に活動。2005年国内外のアーティストと共にWarehouse、ManiacLove、Nostyle、 cube326等で活動。2006年mixCDリリース、都内を中心に活動。現在solid musicのレギュラーDJとして精力的に活動中 
  • mun (solid-music)

  • 10代の頃よりHIP-HOPのDJとして活動を始め、その後あらゆるダンスミュージックを吸収し、現在ではファンキー、アシッドをベースに様々なハウスミュージックをミックスするスタイルでプレイ。04年11月にはagnies b.主催のパーティーでプレイし、クラブ業界以外からも高い評価を得た。
  • mamiko-san(JAP)

  • breaks DJ,producer

  • ベルリン・東京でのライブ活動他、CM、ファッションショー、
    モーターショーなどの音楽も多数制作。
    自身のレーベルでは国内外のアーティストをドイツ・日本で
    リリースしている。
  • DJhiroshi

  • はち77年静岡県生まれ。中学時代にスラッシュメタルで音楽に目覚める。
    97年友人に連れて行ってもらった、クラブでテクノに開眼し、以降クラブに通いDJカルチャーに触れていく。
    2000年DJとして初舞台を踏み、現在は沼津を中心にCAFEでテクノをPLAYしている。
    石野卓球、MICHAEL MAYERをリスペクトし、非常にわかりやすいアゲな音を好む。