音と火の祭典「Japan Fire Festival」

ファイアーバトルについて

【演者】×【観客】×【音楽】その場にいる全員で同じ空間を共有する、そんな時間がファイアージャムバトルです。

・人前でパフォーマンスをしたいけれどコンテストに出る勇気が無い人。
・一人でパフォーマンスをするのは恥ずかしい人。
・生音と、観客の声援を楽しみながらパフォーマンスをしたい人。

誰でも参加できて、みんなで盛り上がる、まさにお祭り的な時間です。

FIRE JAM (Fire Battle)

日時

9月13日 20:00 - 22:00

参加方法

当日名前と使用道具を記入してもらいます。 またイベント進行中でも途中参加ありです。

流れ

・各回が始まる前にMCがパフォーマーの名前をアナウンスします。

・全員がパフォーマンススペースに入り次第、音がスタート (Music by アヤワスカ)

・各回5名前後のパフォーマーが3分間程度生音に合わせて自由に演技をします。

・3分間の間にもっとも会場を盛り上げたパフォーマーが次回戦のバトルに残ります

・第一回戦は各道具に毎にパフォーマンスを行い、2回戦以降は道具による枠はなくなります。

・最後のバトルで優勝に選ばれた人には粗品が贈呈されます。

※他のパフォーマーに十分注意し、事故の無いように演技してください。

※みんなで楽しくパフォーマンスをすることが第一目的です。 勝ち負けではなく、みんなで楽しい時間を作りましょう。

審査方法

会場の盛り上がりを見て、演技終了後に演技者に誰が次回戦に進むか連絡します。
審査員はMCか、誰か担当をつくります。 MCで発表等はしません。流れるように進行していきます。

※あまり勝ち残りは意識しないで下さい。1回演技するだけで終わりと思っておいてください。勝ち残りというのはあくまで観客の声援を盛り上げるための要素です。

ファイアーピットについて

1 道具の安全点検(チェーンのゆるみなど)を必ず行ってください。

2 燃料は一人ずつ順番につけて下さい

3 灯油きりを必ず行ってください。灯油きりの際は周囲に十分気をつけてください。

※ ファイアーピット管理者の指示に従ってください。

燃料の管理について

灯油(危険物第4類第2石油類)はこちらで準備します。
ホワイトガソリンなどの特殊燃料を使用したい場合は各自 取り扱いに注意し各自で管理。 委員会に申告してください。

コンテスト参加者そしてファイアーを実施されるかたは ファイアーの実施には自分自身そして周りの安全には十分注意して下さい。

もし事故がおきた場合でも委員会は責任を取れません。
十分な安全管理をいたしますが、基本的に自己責任になることに了解していただきます。
安全講習には参加してください。