音と火の祭典「Japan Fire Festival」

ファイアーコンテスト&ショー

JFF2009では日本一のファイアー・パフォーマーを決めるべく行われるファイアーコンテストと、トップパフォーマーによるファイアーショーを開催いたします。

2009 ファイアーコンテスト募集要項

JFF2009では日本一のファイアー・パフォーマーを決めるべくコンテストを開催いたします。
JFF実行委員では年々増え続けているエントリー希望者全てをコンテストに参加していただくことが難しいと判断し、事前選考させてもらうことになりました。あらかじめご了承ください。

尚、当日のコンテスト出場枠はソロ、チーム(二人以上、デュオはチーム)合わせて20の枠を用意いたしました。 皆様、ふるってご参加ください!

エントリー費

・無料
※事前選考時には無料です。 予選通過後\1000のエントリーフィーが必要となります。

応募方法

  • 以下の内容を明記の上メールにて応募してください。
  • (1)名前
  • (2)ニックネーム(全員分)、チーム名
  • (3)電話番号
  • (4)メールアドレス
  • 下記「■JFF2009ファイアーコンテスト概要■ ●人数」の項目参照
  • (5)本番での予定使用道具
  • (6)意気込み 本番のMCで用います。 ※現地で変更可能
  • 以下動画送付方法より選択し、(a),(b)の場合にはURL
  • (c)の場合郵送と明記

動画送付方法

(a)動画ファイル ファイル転送サービスを用いて送付。
※直接メールへのファイル添付では送付できません。

(b)動画URL アクセスが可能なWebsiteにアップロードし、URLを連絡。

(c)DVDなどのメディアに動画ファイルをコピーしてJFF実行委員会事務局まで 郵送または宅配ください。一般的なmov、avi、Mpeg、wmv、mp4などの エンコード形式でお願いいたします。
※メディアの返却は行いません。

動画規定

  • ・3分以上〜4分以内の無編集のパフォーマンス映像を(Fire問わず) 動画ファイル、動画URL、DVDなどのメディアいずれかによる申し込み。
  • ・動画の撮影はビデオカメラ、デジタルカメラ、携帯電話問いません。
  • ・なるべく無編集であることが望ましいですが、編集された映像での応募も可能です。
  • ・すでにある4分以上の映像を用いて応募する場合には開始より4分までが選考対象となります。
  • ・応募映像はチームの場合にはなるべく本番と同じ構成で撮影願います。
  • ・応募映像はなるべく本番と同じ道具を用いて撮影願います。 違う場合にはその旨文章で申請いただき採点を考慮いたします。
  • ・応募映像は本番までは非公開とさせていただきます。 但し公開映像での応募はその限りではございませんが、 JFF実行委員会から応募映像であることを公表はいたしません。
  • ・応募された映像は本番後に報告や宣伝広報に用いる場合がございます。

応募先

  • 応募先:米屋にメール(yoneya.yu@gmail.com)、又はメッセージをください。
  • 応募締め切り:8月末日
  • 9月1週目に選考
  • 9月7日通知

選考方法

JFF実行委員会にて厳選なる選考を致します。

選考基準

予選はJFF2009の本選の5つのポイントから以下の3点に絞ります。

  • (a)技術点:道具の使い方に関する加点
  • (b)芸術点:曲との調和、マッチング、衣装や演出
  • (d)独創点:オリジナリティ

発表方法

9月7日(月)申込者にメールにて通達。

▲ページ上部へ

JFF2009ファイアーコンテスト概要

JFF2009ファイアーコンテストでは事前選考通過者のみの参加となります。

コンセプト

火を使った演舞を行い、美しさと表現力を競う

日時

9月20日(日)19:00開始 基本的には事前打ち合わせ(当日午後予定)へ参加いただきます。
事情により遅くなる方はご相談下さい。

演技時間

ソロ4分、チーム10分(時間超過は減点の対象となる可能性があります。)

人数

ソロ:火を操るメインのパフォーマーは1人までとします。なお、火や道具の補助(引き上げ等)、演奏や照明等の、火の演舞をしない助っ人は複数人の参加が可能。

チーム:火を操るメインのパフォーマーは2人以上とします。なお、火や道具の補助(引き上げ等)、演奏や照明等の、火の演舞をしない助っ人は複数人の参加が可能。

注意事項

火吹き・火飲みやファイアーインジェクション、その他大きな火を起こす等の危険行為については会場内での使用禁止です。
危険性が高いプレイなどは審査員の判断により減点または、強制的に演技を終了させて頂く場合がありますのでご注意下さい。
なお、参加に当たっては安全に万全の注意を払い、すべて自己の責任において出場していただくことをお約束頂きます。

音楽

音源はCDの持込、又は楽器を使用した生演奏。 音源持込の方は、当日本部にお渡しください。

■コンテスト使用可能な音源について
JFF実行委員会ではDVD販売による収益向上と上位入賞者やゲストパフォーマーへの利益還元の仕組みを 作りたいと活動しております。
トップパフォーマーの理解を得てショウとコンテストの 使用楽曲の制限をご了承いただき、 DVD販売実現にこぎ着けました。
皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
○JFF2009ファイアーコンテスト
  →JASRAC管理国内楽曲(*1)・著作権フリー素材

(*1)またJASRAC管理国内楽曲においても使用単価が5万円を 超えるような特殊な作品の場合には曲目変更などの交渉を させていただく場合がございます。
JASRAC管理国内楽曲については、社団法人日本音楽著作権協会(http://www.jasrac.or.jp/)のTopページ右下の作品データベース検索をクリックし、J-WIDのページで、JASRAC管理国内楽曲かどうかを確認することが出来ます。

審査方法

4人程度の審査員により、得点をつけて集計する。 以下の5項目に20点満点で点をつける(100点満点)

  • (a) 技術点:道具の使い方に関する加点
  • (b) 芸術点:曲との調和、マッチング、衣装や演出
  • (c) ファイアー点:ファイアーをうまく使っているか
  • (d) 独創点:オリジナリティ
  • (e) 盛り上げ点:拍手や歓声の多さ

賞品 (予定)

  • 1位 賞金30,000円 + JFF2010への招待(参加費) + 協賛各社からの賞品
  • 2位 賞金10,000円 + 協賛各社からの賞品
  • 3位 賞金5,000円 + 協賛各社からの賞品

その他の賞設定は未定。

▲ページ上部へ

燃料の管理について

灯油(危険物第4類第2石油類)はこちらで準備します。
ホワイトガソリンなどの特殊燃料を使用したい場合は各自 取り扱いに注意し各自で管理。 委員会に申告してください。

コンテスト参加者そしてファイアーを実施されるかたは ファイアーの実施には自分自身そして周りの安全には十分注意し もし事故がおきた場合でも委員会は責任を取れません。
十分な安全管理をいたしますが、基本的に自己責任になることに了解していただきます。
安全講習には参加してください。